MENU

 

 

 

便秘に効くお茶を選ぶときの注意点とは?

 

便秘に効くお茶について調べてみましょう。

 

現在、便秘に悩んでいる日本人は1200万人、
女性は2人に1人が便秘だといわれています。
慢性的な便秘を放っておくと、老廃物が溜まることで、
肌荒れ、腹部膨満感、冷え症、むくみ、食欲不振など、
さまざまな不調を起こしやすくなります。

 

つらい便秘の症状に、便秘薬や下剤などを

使用している方も少なくありませんが、
多くの方が「薬には頼らずに便秘を改善
したい」と思われています。

 

そこで、近年注目されているのが便秘に効くお茶です。
便秘に効くお茶は、便秘薬や下剤のような即効性は
ありませんが、副作用がないため継続がしやすく
体に安心です。ただ、便秘に効くお茶だからといって、
全てが体にやさしいとは限らないので、
正しく選ぶことが重要です。

 

便秘に効くお茶を選ぶときには、
次の3点に注意しましょう。

 

便秘解消成分であるマグネシウム、カテキン
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、ビタミンC
バランス良く含まれている

 

便秘を悪化させる成分であるセンノシド
カフェインなどには注意が必要

 

毎日継続するのが負担ではない

 

便秘に効くお茶に含まれる成分とは?

 

便秘に効くお茶に含まれる成分とは、
どのようなものなのでしょうか?
便秘に効くお茶の成分に副作用はないのか、
避けるべき成分はないのか・・・
ここでは、便秘に効くお茶の成分について
詳しく調べてまとめました。

 

−−−便秘に効果的な成分−−−

 

マグネシウム
副作用が少なく、便秘薬にも配合されている成分です。
体内の水分を蓄え腸内へ送り込む性質なので、
便が排出されやすくなります。

 

カテキン
大腸まで届き、悪玉菌を減らして腸内環境を整えます。
腸のぜん動運動が活性化され、便が排出されやすく
なる成分です。

 

水溶性食物繊維
腸内の余分な水分を取り込み、便を柔らかくします。
善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境を整えます

 

不溶性食物繊維
便の排出を活発にする働きがありますが、摂りすぎると
お腹がゆるくなったり、便が硬くなる可能性があるため、
水溶性食物繊維 1:不溶性食物繊維 2
バランスで摂るのが理想とされています。

 

ビタミンC
善玉菌を増やし、腸内の働きを活性化します。
ホルモンバランスを整える作用があるので、
ストレスによる便秘の改善に期待ができます。

 

−−−注意が必要な成分−−−

 

センノシド
センナの主成分です。腸を直接刺激するため、
即効性はありますが、摂りすぎると腹痛や
下痢などの症状があらわれるので注意が必要です。

 

キャンドルブッシュ
多くの便秘薬に配合されている成分で、強力な利尿作用
あります。また、センノシドも含有されているため、
便秘改善効果は期待できますが、過剰摂取は避けましょう。

 

便秘を改善するには水分補給が大切!

 

便秘に効くお茶で水分不足を解消しましょう。
便秘になる理由の一つとして、水分不足が挙げられます。
便を柔らかくするためには、水分を1日1.5〜2リットル
摂るのが理想といわれています。
多く感じますが、1日を通して小分けにすれば、
負担になることはないでしょう。

 

便秘に効くお茶には便秘解消に効果のある
食物繊維などが豊富に含まれているので、
便のかさが増え、ぜん動運動が活発になり、
便が排出されやすくなります。

 

便秘に効くお茶を効果的に飲むには、
午前中、お昼、15時のおやつタイム、夕食時
お風呂上がりなどに飲む習慣をつけ、
リラックスして楽しみながら、
腸の水分補給をすることがポイントです。

 

ただし、便秘に効くお茶は便秘薬や下剤のように
即効性がありません。毎日継続することで、
腸内環境を整え、便秘を改善するものなので、
焦らずに続けていきましょう。

 

お茶に含まれるカフェインについて

 

便秘に効くお茶にはカフェインは含まれているのでしょうか?
カフェインは、脳神経に刺激を与えて、
興奮状態にさせる成分なので、眠くならないなどの
効果で知られています。

 

「お茶」にはカフェインが含まれていますが、
便秘に効くお茶にはカフェインが含まれているのか、

カフェインは便秘にどのように作用するのかを
探ってみたいと思います。

 

結論からいうと、カフェインは便秘改善には逆効果です。
カフェインには利尿作用があり、体内の余分な水分が
排出されるので、むくみ解消などには効果的ですが、
水分の排出が促進されると、便が硬くなるため、
便秘の原因になってしまいます。
カフェインの過剰摂取には注意が必要です。

 

また、カフェインはビタミンCの吸収を阻害する
働きがあるといわれています。
ビタミンCは、ストレス性の便秘の改善には
欠かせない成分です。
便秘に効くお茶を選ぶときには、カフェインが含まれて
いないものを選ぶようにしましょう。

 

 

緑茶のカテキンで便秘を改善!

 

便秘に効くお茶が注目されていますが、
多くの日本人に好まれる緑茶は、
便秘に効くお茶なのでしょうか?

 

緑茶は、口臭予防・虫歯予防・高血圧の予防・
糖尿病予防などがあることで知られています。
緑茶に豊富に含まれる「カテキン」には
強い殺菌効果があり、抗酸化作用・抗炎症作用・
脂肪燃焼など、さまざまな効果が期待できます。

その効果の一つが腸内環境の改善です。

 

カテキンはポリフェノールの一種で、
緑茶の渋み成分です。
カテキンが体内に摂取されると、小腸で
吸収されずに大腸まで届き、大腸菌などの
悪玉菌を減らし、腸内環境を整えて行きます。

 

カテキン悪玉菌だけに作用するのが特徴で、
ビフィズス菌などの善玉菌には影響を与えません。
つまり、腸内の悪玉菌が取り除かれることで
善玉菌が増えるので、腸内環境が整うということです。

 

また、カテキンは、腸のぜん動運動を活発にし、
便の排出を促進するので、便秘解消に効果が期待できます。
これらのことから、カテキンが含まれる緑茶は、
便秘に効くお茶といえるでしょう。

 

ただ、緑茶には、カフェイン
利尿作用のあるカリウムも含まれるため、
過剰摂取には注意が必要です。

 

便秘に効くお茶には食物繊維が豊富!

 

便秘に効くお茶には食物繊維が多く含まれています。
便秘に効くお茶には、黒豆茶、ごぼう茶、どくだみ茶、
コーン茶、ギムネマ茶など、さまざまな種類がありますが、
これらの便秘に効くお茶には、食物繊維が豊富に
含まれているので、便秘解消に大きな期待ができます。
食物繊維の働きは次の通りです。

 

腸のぜん動運動を促進
便のかさを増やす
腸内の有害物質を吸着する
善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす
老廃物を排出する

 

食物繊維には、善玉菌を増やして腸内環境を整える
「水溶性食物繊維」と、水分を吸収して腸のぜん動運動を
活発にする「不溶性食物繊維」の2種類に分類されます。

 

便秘改善には、便を柔らかくする作用のある
水溶性食物繊維 1に対し、便を硬くする作用のある
不溶性食物繊維 2のバランスで摂るのが理想と
いわれています。普段の食事ではなかなか難しいので、
これらの食物繊維がバランス良くブレンドされている
便秘に効くお茶は、効率的で効果が大きく期待できます。

 

便秘に効くお茶にはビタミンCが豊富!

 

便秘に効くお茶にはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは水溶性ビタミンで、
コラーゲンの生成を促し、肌トラブルの予防や、
風邪予防、生活習慣病の予防、抗酸化作用などの
効果が期待できることで知られています。

 

ビタミンCは、便秘解消にも効果が期待できるので、
便秘に効くお茶にも多く含まれています。
ビタミンCは、腸内の善玉菌のエサとなり、
善玉菌を活発にする効果があります。
また、ぜん動運動を高めて便の排出を促し
さらには、ビタミンCの抗ストレス作用で、
ストレスを受けやすい腸の抵抗力を高めて行きます。

 

ただ、ビタミンCは非常に壊れやすい成分なので、
普段の食事から便秘解消につながるほどの
量を摂取するのは難しいといわれています。
その点、便秘に効くお茶は、毎日手軽に
しっかりビタミンCが摂れるので、効率的です。

 

便秘に効くお茶にはマグネシウムが豊富!

 

便秘に効くお茶にはマグネシウムが豊富に含まれています。
マグネシウムは必須ミネラルの一つで、
筋肉の収縮の調節、神経の興奮の抑制作用
脂質を代謝する作用など、さまざまな働きがありますが、
その一つが、便秘解消効果です。

 

大腸内の便の水分不足は、便秘が慢性化する原因ですが、

マグネシウム便を柔らかくて、便のかさを増し
腸に刺激を与えてぜん動運動を高める作用があるので、
便秘解消に大きな期待ができるといわれています。

 

マテ茶、プーアール茶、杜仲茶などの
便秘に効くお茶には、マグネシウム
豊富に含まれています。
便秘解消には、水をたくさん飲むのが良いと
されていますが、水をたくさん飲んでも
便秘が改善されず、硬い便しか出ないという方には、
マグネシウムが効果的です。

 

便秘に効くお茶マグネシウムが効率的に
摂取できるのでオススメです。

 

便秘に効くお茶を濃くして飲む!

 

便秘に効くお茶の効果的な飲み方を調べてみました。
つらい便秘に悩んでいる人の多くは、
いろいろな解消法を試されていると思います。
近年注目されているのは、便秘に効くお茶ですが、
どうせなら、より効果的に正しい飲み方で、
スッキリ便秘を改善していきたいですよね。

 

「便秘に効くお茶は効果がない」「便秘に効くお茶
お腹が痛くなった」などの体験をされた方は、
間違った便秘に効くお茶の飲み方をされている
可能性があります。正しい飲み方をマスターして、
スッキリを実感していきましょう。

 

まず、便秘に効くお茶にはさまざまな種類が
ありますが、慢性的な便秘や、便が硬いなどの
症状の方の場合は「便秘に効くお茶を濃くする」
効果があらわれやすいようです。

 

便秘に効くお茶を濃くすることで、
便秘解消効果の高い成分を吸収しやすく
早い効果が期待できます。

 

ただ、カフェインが入っている場合は、
過剰摂取しないように注意が必要です。

 

便秘に効くお茶は常温で飲むのが一番効果的!

 

便秘に効くお茶を飲む時の注意点です。
「早く実感したい」「効果的に飲みたい」
「便秘に効くお茶の正しい飲み方を知りたい」と
思われている方は多いと思います。

 

便秘に効くお茶には多くの種類があり、
成分・味・香りなどさまざまですが、
共通していえることは、熱すぎず冷たすぎず
常温で飲むということです。

 

暑い時には冷たく、寒い時には熱くして
飲むのが一般的ですが、腸内環境を整えるには、
便秘に効くお茶常温で飲むのが一番効果的です。
冷たくして飲んでいると、腸内環境が悪くなって
しまうことが考えられます。

 

また、体も冷えてしまうため、特に女性の場合は
冷え症を悪化させてしまうことも考えられます。
便秘のお茶を飲む場合に、一番効果的な温度は常温です。

 

 

便秘に効くお茶はゆっくり少しずつ飲むのが効果的!

便秘に効くお茶の効果的な飲み方は、
一気に飲まず、少しずつ飲むことです。
腸のぜん動運動を活発にするためにも、
便秘に効くお茶は、できるだけゆっくり
少しずつ飲む方が効果的です。

 

便秘に効くお茶を一気に飲むと、
腸がビックリしてしまい、
過剰な刺激を与えることになります。

 

過剰な刺激は、便秘に効くお茶であっても、
便秘を解消することにはなりません。
腸にやさしく刺激を与えて、ぜん動運動を
活発にするには、便秘に効くお茶常温で、
ゆっくり少しずつ飲むのが効果的です。

 

特に朝は、ゆっくり時間をかけて飲むように
心掛けましょう。一度にたくさんの
便秘に効くお茶を飲むのではなく、1日の間で
数回に分けて少しずつ飲むことで、腸が活動しやすくなります。

便秘に効くお茶ランキングはこちら

 

 モリモリスリム

「モリモリスリム」の特徴とポイント、

 

・24種類の天然ハーブが配合。
・ティーパックで濃度調整もできるので使いやすい。
・主成分はゴールデンキャンドル。
・さらにほうじ茶、プーアール茶、コレウスフォルスコリもバランスよく配合。
・380円のトライアルセット実施中。
・楽天、Amazonの口コミで高評価。

 

モリモリスリムは配合成分・内容量が多く、便秘改善の高い効果が期待できますね。


キャンペーン 価格 オススメ度
5日間お試し:380円 3,800円  

>>モリモリスリム最安値はこちら<<

 

>>モリモリスリム口コミはこちら<<